女臭どう画像

使用済み下着や染みパン、足の臭いなど女の体臭・匂いフェチや盗撮モノなどマニアなエロ画像/ロリコン・下着泥棒・露出狂などアブノーマルな18禁妄想エロ話が満載なアダルトブログ

女臭どう画像 TOP  >  妄想エロ体験談  >  痴漢 >  逮捕されそうなほどのピンチに陥ってもチカンを止められない
Powered By 画RSS

オマンコのヤル気が伝わってくる!



棚の下パンチラ盗撮エロ画像 の続きを見る



まんこ周辺にマン汁でシミつけてる染みパンツ画像 の続きを見る

【衝撃】芸能人の入浴シーンwwww 尻フェチ歓喜ブログ 逆さ撮りしたらマン毛や染みが


当ブログ内の広告について
DMMDUGA1919gogo.comなど優良サイトのみを掲載しております。
ワンクリック詐欺広告、高額請求の広告は掲載しておりません
安心してご利用・お楽しみください

逮捕されそうなほどのピンチに陥ってもチカンを止められない

 [ 2016年11月03日 20:00 ] カテゴリ:痴漢 |

最初の痴●はバスの中でした。

逮捕され、会社もクビになるリスクをおかしてまで、何故?

風俗にでも行って思う存分、女体に触れたらいいじゃないか。

そんな風に思っていた時期が私にもありました。



いつものように通勤のバスを待つ。

前には20代前半の"キレイ系"のOLが並んでいた。

ミニスカで"ムッチリ"としたヒップが、私の性欲をそそる。

その日は雨で車内が混雑していた。

ムッチリヒップのOLと体が密着する。

不可抗力で、傘を持つ手の甲でお尻に触れた。

魔が差してしまった。


傘を持っていない方の手のひらで尻肉を包み込むようにタッチ。

"プリン"とした弾力感に私の理性はぶっ飛んだ。



私は行為をエスカレートさせ、肉感的なヒップを撫でまわした。

さすがに痴●されている事に気付いたようだが

抵抗する事はなく恥ずかしそうに頬を赤らめるだけ。

そのしぐさがまた"かわいらしく"欲情を煽る。

そのまま、ミニスカの上からお尻の割れ目に手を這わせて感触を楽しんだ。


何の抵抗もなく、すんなりと若い女のヒップを触り続けられたことで

それ以来、私は抑えがたい痴●の衝動に駆られた。

この時の成功体験から、短いスカートの女性ばかりつけ狙い

私の毒牙にかけていった。


一度ミニスカの中に手を入れようと試みた事がある。

しかし手で払われNG。

私は都合よく、ミニスカの上からなら"OK娘"だと勝手に判断し

存分に双丘を"愛撫"させてもらった。


事を終えて冷静になると、手を払われた事を思い出した。

もしあの時、声をあげられていたら・・・。

私は背筋が寒くなった。


だが、痴●の衝動をどうにも抑えられない。

どうせ捕まるなら・・・若い体に触れよう!と私は考えた。

若い女といえば、JKだ。

それから私は痴●の為だけに通勤経路をバスから電車に変え

連日のようにJKを漁らせてもらった。


狙いを付けたJKの背後に寄り添い、手の甲でヒップに軽くタッチ。

この程度ではほとんどが反応しない。

然らば、手のひらで双丘の片側を撫で回し様子を伺う。

ここで反応が分かれる。

ダメそうなら無理をせずあっさりと引く。それが長く楽しめる"コツ"だ。

大丈夫そうなら、お尻の割れ目に手を這わせてたり

指先で下着のラインを辿ったりして成熟途中の感触を味わう。

ここまでしてOKならば、いよいよ手をスカートの中へと導く。

"ドキドキ"の瞬間である。


下着の上から柔らかなお尻を手のひらで包み込む。

若いメスの"プリン"とした尻肉の弾力感が伝わる。

下着の触り心地も合わさり、チンコも爆発寸前だ。

再びお尻の割れ目に手を這わせたり

指先で下着のラインや股間の辺りをまさぐったりして

10代のお尻を存分に堪能させてもらった。


一度、完全に"OK娘"と思い下着のラインから指を入れ

直接オマンコを触ろうとしたが、さすがに手で払われた事があった。

よほどの屈辱感だったのであろう。

翌日、車両の連結部に車内を監視する職員の姿が…。危ない、危ない。


肉体的に痛い目にあった事もある。

スカートの上から気持ち良くヒップを愛撫していたら

降り際に振り向き様、肘鉄を胸板にぶちこまれた。


もっと激ヤバだった事も。

以前、生パンの上から"プニプニ"のお尻を満喫させてもらったJKを再度見かけた。

「チャンス!」と思い真後ろに付けたら、顔を私の方に向けひとにらみ。

そして、そばにいた友達に「今日はおるで」「やられるで」と話しかけていた。


痴●された事を事前に話していたのだろう。

友達もこちらに目をやり「手が見えてるねん」とピシャリ。

「サーッ」と血の気が引いた。

混雑でその場を動けず、電車も快速のため次の駅まで12~13分止まらない。

幸い2人はそれ以上私については触れず終いで助かったが

もう生きた心地はしなかった。

次の駅に着くや否や猛ダッシュで逃げた。


こんな目に遇っても、JKのかわいいお尻を一度味わうと虜となってしまう。

その魅力は絶大であった。

しかしあの時、生きた心地がしなかったのも事実。

なるべく捕まるリスクの少ないルールを自分に課した。


まず同じJKを何度もターゲットにすることは止め

常に新しい女を開拓し、ひと駅(2~3分)の短期勝負だ。

そして無理をせずスカートの上から触る事に徹した。

おかげで、ほぼ日替わりで大勢のJKのお尻を楽しめた。

日替わりで述べ数百人は触らせてもらったかな。

おかげで通勤時は毎日勃起していた気がする。

帰宅後は右手に残る"プリン"とした感触を思い出し、溜まった精子を放出した。

だが、ついに最大のピンチが訪れる。


下着の上からオマンコの辺りをまさぐっても全く抵抗しなかったので

完全に"OK娘"と思い

己に課したルールをつい破ってしまい、下着のラインから手を忍ばせたところ!


右手をガッチリ捕まれ

「この人痴●です!捕まえてください!」と大声で叫ばれた。

乗客の視線が一斉にこちらに注がれる。

私は弱々しく「何もしてないやろが…」と言うのが精一杯。

その言葉にJKが"キッ"とニラミ付け、強固な意志を表したため、観念せざるを得なかった。


絶体絶命・・・。

しかし神は私を見捨てなかった。

一番幸運だったのは正義感あふれる大人がいなかったことだ。

おかげで私を捕らえているのはJKのみ。

抵抗せず大人しくしていたため安心したのだろう。

掴んでいた手の力が緩んできた。

加えて乗降ドアのそばだった事が幸いした。

直感で「逃げられる」と感じた私は、ドアが開くなり手を振り払い猛ダッシュ。

近くの階段を脱兎の如く駆け上がり、改札を一気に駆け抜け逃走に成功した。


ホント、危機一髪だった。もう人生「終わった…」と思ったからね。

おかげで半年間ほど痴●は自粛。通勤経路も変更した。


だが痴●をやめる気はない。

あの時、もう少しで手が届きそうだった、JKの生マンコに触れるまでは。






☆あなたのエロ妄想・エロ体験談もお待ちしています☆
投稿掲示板
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
18禁
当ブログはアダルト要素を含みます。 18歳未満方は閲覧禁止。ご退出ください

18歳以上なら
エログちゃんねる


このエントリーをはてなブックマークに追加

はてなブックマーク

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
【三次太ももエロ画像】ひざまくらしたくなるスベスベムッチリ生足 140枚 2017/12/12
【街撮りタイトスカート尻】思わずチンポ押しつけたくなるヒップライン 画像45枚 2017/12/12
濡れたおまんこを指で優しく刺激して快感を…手マン画像100枚 2017/12/12
女体だらけの桃源郷!銭湯や旅館内風呂の女湯盗撮エロ画像 50枚 2017/12/11
小さな女の子にチンポを舐めさせるロリのフェラチオGIF画像 20枚 2017/12/10
カテゴリ

openclose

タグ

ランダム記事