女臭どう画像

使用済み下着や染みパン、足の臭いなど女の体臭・匂いフェチや盗撮モノなどマニアなエロ画像/ロリコン・下着泥棒・露出狂などアブノーマルな18禁妄想エロ話が満載なアダルトブログ

女臭どう画像 TOP  >  妄想エロ体験談  >  レイプ・陵辱 >  脅迫された美人妻はいつしか快楽と金に溺れ、醜男3人の中出しを受け入れ堕ちていった【前編】
Powered By 画RSS

オマンコのヤル気が伝わってくる!



棚の下パンチラ盗撮エロ画像 の続きを見る



まんこ周辺にマン汁でシミつけてる染みパンツ画像 の続きを見る

【衝撃】芸能人の入浴シーンwwww 尻フェチ歓喜ブログ 逆さ撮りしたらマン毛や染みが


当ブログ内の広告について
DMMDUGA1919gogo.comなど優良サイトのみを掲載しております。
ワンクリック詐欺広告、高額請求の広告は掲載しておりません
安心してご利用・お楽しみください

脅迫された美人妻はいつしか快楽と金に溺れ、醜男3人の中出しを受け入れ堕ちていった【前編】

 [ 2016年11月13日 00:00 ] カテゴリ:レイプ・陵辱 |

裕福そうな人。幸せそうな家族。

それは他人からそう見えるだけで

その実は貧乏な様子を見せなかったり

不幸な実態を見せてないケースの方が多いのではないか。


裕福とはなにか。幸せとはなにか。


俺を含めて3人の醜男に犯される美人妻。

その一部始終を撮影したエロ動画を見ながら抜き終え

まさに賢者のように、そんな事を考えていた。



―日々の気温が定まらない10月下旬。

俺の精神は不安定な方向で安定していた。


42歳。結婚歴なし。

死んだ親父から継いだ家の1階を改装し、喫茶店を経営している。

いや経営なんていったら、本気で経営に打ち込んでいる経営者に失礼か。

こんなボロい家で個人経営している喫茶店になんて、誰も寄りつかない。


開店当初は主に友人たちのたまり場になっていた。

しかし、この歳になると友人たちも家庭やら仕事優先になる。

そこへきてスタバだコンビニコーヒーだと大手資本が俺の客をかっぱらいやがる。


まあ全部言い訳だよな。

結局さして美味くもないコーヒーを出し

一見さんも入りにくい店の雰囲気が悪いんだよ。

つまり俺のセンスがねえってわけだ。


自分の家土地なので喫茶店経営に関する借金はないが

日常の生活費やバクチ、もろもろの出費で首が回らず

個人的な借金が200万円ほどある。


生きていても何も楽しいことなどない。

さて、競馬でも行くか。その前にパチンコにでも行こう。

俺は誰も来ない店を開けたまま、ケチな博打へ赴いた。


くわえタバコ。路上喫煙、上等。

太陽がちょうど一番高いところに差しかかった。

眩しい陽の光を遮るように、紫煙が昇る。


一組の親子連れ。

真ん中に8歳ぐらいのガキ。

両側から夫婦がガキの手をつないで歩いている。


「幸せ家族、か・・・。」

眩しいほどの光景を遮るように、ひとりごちた、


妻の方は30歳前後か。

いい体してやがる。

肉感的で抱き心地がよさそうだ。


夫の方は・・・なんだこのヒョロガリのメガネは。

俺が学生時代にいじめていたようなヤツじゃねえか。

こんな男があんなグラドルみてえな体を毎晩、毎晩抱いて

あまつさえ中出しして、ガキこしらえやがって。


俺の心の中で紫煙が立ちこめてる様だ。


しかしこの女いい体してるなあ。ケツさわりてえ。

ニットのセーターなんか着やがって。

巨乳のシルエットが浮かびあがっている。

ああ、胸揉みしだきてえ。


妻の体を視姦しながら、煙ったような意識の中で家族のあとをつけていく。

公園についた。ベンチに腰掛ける3人家族。

俺も家族の向かいのベンチに腰掛ける。


妻を観察する。

グラビアアイドルの川村ゆきえみてえだ。

体だけじゃなく、顔までグラドルかよ、くそっ!

嫉妬の炎が立ち込める。


3人は滑り台の方へ向かう。

ガキが楽しそうに滑り降りる。

微笑ましくその様子を見つめる夫婦。


けったくそ悪いわ!

3人のいたベンチに目をやると、ブランド物のバック。

俺は妻のものと思われるそのバックをかっぱらい、家に戻った。




バックの中から真っ先に財布を取り出す。

中を見ると十数万円入っていた。

ちょっと公園にいくのに、こんなに現金を持ち歩くのかね?上流家庭は。

このブランドもののバックを売っ払えば、今週のバクチの負けはチャラだな。


続いて財布の中の免許証を見る。


「細谷かなえ・・・んーと、32歳か」

いやあ女盛りだねえ。喰ってみてえ。

どこに住んでるんだあ?

ああ、あの30階建てぐらいのでかいマンションか。

こんな現金持ち歩いて、あんないい家住んで。

いよいよ勝ち組だねえ。


店を開けても誰も入った気配がない、ボロボロの喫茶店。

ジェラシーと、思わぬ大金が転がり込んだ嬉しさが混じる。


その時、勝ち組のバックの中からスマホが鳴動する。

負け組のボロ家に着信音が鳴り響く。


ああ、あの女、バックにスマホ入れてたのかよ…。

GPSとかいう位置情報で、ここにバックやスマホがある事がバレちまう。

これじゃあ金を抜くこともバックを売り払うこともできやしねえ…。

警察の厄介になるのもなんだから、黙って返しとくか。

そうだ!ただ黙って返すのも癪だから…。


俺はスマホの中身をそっくりそのまま、自分のスマホとパソコンにコピーした。

これでいいや。

あの美人妻の個人情報をあとでゆっくり見るか。

面白い写真とかあるかもしれないし。


再び携帯電話が鳴る。

かなえ「もしもし、そのスマホの持ち主なんですが…。」

俺「はいはい、カバンを落とされた方ですね?」

かなえ「バックごとあるんですか?」

俺「ええ、バックが私の家の前に置いてありました。」

かなえ「ああ、良かった!それ、私のなんです!」

俺「失礼ながら、財布の中を拝見させて頂きました。」

俺「免許証のお名前と一致するか、確認させてください。」

かなえ「えっ…。あ、細谷かなえです…」


他人にバックの中や財布の中を見られたのが気持ち悪いのだろうか。

本名すら把握された気持ち悪さもあるのだろう。

曇ったような声でかなえが答えた。


俺「はい、ご本人様ですね。」

コールセンターのようなやりとりが展開しそうになると

早くスマホとバックを取り戻したい一心でかなえがこちらの所在地を聞く。


俺「××という喫茶店はご存知ですか?」

かなえ「ああ、あのきたなっ…いや、知っています!」


このアマ、今「汚い」って言いかけたな?

まあ、いい。

この店が認識されていることが、まるで俺自身も認められてるような錯覚に陥り

そんなに気分は悪くない。

なんてったって、あの美人奥さんに会えるんだからな。


俺はかなえとデートの待ち合わせのような心境でいた。

久しぶりに湧き上がる、浮ついた気持ち。

そんな気持ちに浸る間もなく、店の扉が開いた。

かなえが顔を覗かせる。


俺「細谷さんですか?」

かなえ「はい!」

ああ、可愛い。

そしてバレーボールが入っているような丸く大きな胸に目が行ってしまう。


俺「こちら、バックです。中もご確認ください。」

バックを差し出すと、エサを与えられた野良猫のように

かなえがバックの中の物を引っ掻き回す。


かなえ「スマホと、お金・・・。」

特に財布の中の金を念入りに確認する。

裕福なくせに、なんだかケチくせえな。

いや、ケチだからこそ裕福になれるのか。

だったら、そんな大金を持ち歩いてんじゃねえよ。

少しイラついた。


かなえは財布の中身を含めた、バックの中身を一通り確認すると

中途半端なお礼の言葉だけ残し、あたふたと帰ろうとする。

俺は猛烈にイラついた、


俺「あれ?お礼の一割は?」

何のためらいもなく、かなえに謝礼を要求する。

かなえ「あ、ああ。そうですよね…。」

かなえ「これ、子供の習い事の月謝なので…。」


ふーん。だからそんな大金が財布に入ってたんだ。

ああ、奥さん。じゃあこうしよう。

コーヒー一杯飲んでってよ。ね?


久しぶりに女と二人きりで会話した。

俺はもう少しだけ、この美人と会話をし

巨乳を間近で拝みたく、そう提案した。


かなえ「すみません、これから主人と子供の世話もあるので…。」

軽くあしらわれたが、俺も引き下がらない。


俺「じゃあ、明日また来てくださいよ。月曜の日中なら、旦那さんもお子さんもいないでしょ?」

かなえ「は、はあ…。」

俺「お友達をお連れいただかなくても結構です。」

俺「奥さんだけが来てくださって、コーヒー1杯ご注文頂ければけっこうですから。」


さすがに何のお礼もせずにいるのが居たたまれなくなったのか

かなえは明日の来店を約束した。


よし!明日、かなえが一人で来る!

かなえが帰ったあと、俺は準備にとりかかった。


パンチラとトイレを盗撮する準備だ。

トイレ盗撮の仕掛けは既に大掛かりになっている。


約15年前の開店当初。

俺も20代と若く、女友達もそこそこいて

また彼女らがたびたび店に訪れていた。

女友達のトイレを覗きたく、トイレ正面にマジックミラーを据えた。

ミラーの裏側に人が一人入れるスペースを作り

このスペースにカメラを仕掛けたり

また、時にはこのスペースに俺が入り込み

直に女友達のトイレを盗撮したり、覗いたりしたものだ。


今じゃ女友達はおろか、一見の客すらこない。

久しぶりの仕事に備えてカメラをチェックする。

問題ないようだ。

さて、明日が楽しみだ。

おっと、かなえのスマホの中身でもチェックしとくか。


胸を高鳴らせながら期待して見た写真フォルダには何もない。

ハメ撮り写真とか不倫の写真とかあれば脅しのネタになったのに。

まあ仕方ない。


LINEの会話も覗いてみたが友人との下らない会話や

旦那との事務連絡、時々のろけ会話だけ。

つまらないどころか、不愉快だわ。


しかしブックマークフォルダを覗いた時、俺は色めきたった。


銀行のサイトがブックマークしてある。

それも、IDとパスワードが保存してある。

いくらぐらい貯金あんのかな?

100万円ぐらい、俺の口座に移したら…さすがにバレるか。


そんな事を考えながら、オンライン通帳にログインする。


俺は目を疑った。

預金が数万円しかないのだ。

なんだ?これは生活用口座で、貯金用の通帳がまた別にあるのか?

訝しげに入出金の履歴をさかのぼる。


これは!

比較的最近、短期間で多額の金が引き落とされている。

引き落とし先の会社を調べてみる。

ははーん。なるほど。

銀行とはまた別のブックマークされてるサイトと併せて

こいつは強請りのネタに使えるぞ。


もっとも、この女に金なんかねえから

頂くのは体だけどな。

あの女に絶対チンポぶち込んでやる!


日が開けた―。

何度もカメラの動作をチェックする。

トイレ盗撮と、かなえのスマホにブックマークされていたサイトの情報。

この2つでハメてやる。

いややっぱり、かなえの着衣のケツとおっぱいも撮りたいな。

脅しの盗撮用はなく、あくまで趣味的な盗撮用として、店内に2つカメラを仕掛けた。


太陽が一番高いところに昇った時

それを指し示すかのように俺のペニスは勃起していた。


―それから2時間後。

かなえが来店した。

昨日と色と生地が若干違うものの、またニットのセーターだ。

心の中で舌なめずりしながら、かなえを迎え入れる。


「いらっしゃいませ。お好きな席へどうぞ。」

かなえはカウンターの一番はじっこに腰掛けた。

落ち着かない様子で。


俺「コーヒーでよろしいですか?」

かなえ「はい。お願いします。」

さっさと飲み終え、早々に帰られても困る。

少し熱めのコーヒーを淹れる。

ああ、はやく熱い肉棒を入れてえ…。


俺「ミルクはいかが致します?」

かなえ「少なめでお願いします。」

ああ、俺の大量のミルクも注ぎてえ…。


俺はコーヒーに少量のミルクと一緒に

多量の利尿剤を混ぜ入れた。


「お待たせしました。冷めないうちにどうぞ。」

ゆっくりとコーヒーをすするかなえ。

ああ、俺のチンポと精液もすすらせてえ・・・。


「すっごく美味しいです。」

大根役者のように、棒読みのお世辞を吐くかなえ。

美味かったら、もっと店が繁盛してるよ。

だいたい利尿剤がたっぷり入ってんだぞ?美味いわけねえだろ。


熱いのか、味がおかしいのかは分からないが

かなえは少し顔をしかめながら、ちびちびと利尿剤入りコーヒーをすすっている。


それからなるべくかなえに長居をさせるべく

容姿を褒めたり、愚痴を聞いたり、うんざりするほどつまらない会話で時間を取り

彼女の尿意を待つ。


時間にして小一時間、かなえがコーヒーの2/3ほど飲んだ時。

「あ、あのう…。お手洗いお借りしてよろしいでしょうか?」


きた!!!!

ついに来た!!!!


「あ、どうぞどうぞ。左奥です。」

「あ!あれ?電気ついたかな?」

俺はわざとらしくトイレに行き、何度か電気のスイッチを押す。

別にトイレ内の電気が切れていないことなど承知していたが

盗撮までのラグをなくす為に、こうした三文芝居を打っていた。


「電気は大丈夫ですね。ごゆっくり。」

かなえがトイレに入り、ドアが閉まる。

鍵をかけた音を合図に

俺はトイレの裏側の、例のスペースに潜り込んだ。


慌てて3つのカメラを起動する。

股間撮影用、全身撮影用、表情撮影用の3つだ。


かなえがジーパンを脱ぐ。

黒のパンティがあらわになる。

股間撮影用カメラを、和式便器の高さに固定する。


アングルを確認するためにカメラを覗くと

画面にかなえの割れ目が映し出された。


ビラビラはほとんどなく、色は若干浅黒いが

中は赤身。とても締まりが良さそうだ。

放水直前でヒクつくマンコはまさに貝のようだ。


次の瞬間、物凄い音と勢いで、かなえは放水を開始した。

おお、利尿剤がよく効いてる。

美人妻のマンコと、そこから放たれるオシ●コ。

食い入るように眺める。


いかんいかん、局部だけでなく「全身のトイレ姿」も拝み、撮影せねば。

排●中のかなえの正面に立つ。

絶景だ。

薄い鏡一枚隔てて、かなえの放●姿を観察する。


いやあ、このマジックミラーが再び陽の目を浴びる日がくるとは。

くっくっく。だらしない顔しやがって。

全部見てるぞ。全部録ってるぞ。

何も知らないかなえは、卑劣な視線とカメラのレンズを浴びる。


かなえの顔をアップで映す。

だらしなく開いた口は、どことなく恍惚とした表情に見える。

「嗚呼・・・。」と、深いため息をつくかなえ。


旦那との情事で、そんな表情すんのかな?

いやあ、良いものが撮れたぜ。

俺は一足先に、店の方へ戻る。


「ありがとうございました。」

かなえがトイレから出てきた。

なに済ました顔して上品ぶってんだよ。

だらしない顔してション●ン垂れてたくせに。


「あたし、そろそろ御いとまさせて頂きます。お勘定を…。」

―いや、勘定はいらねえよ。

「えっ?でも・・・バックを拾って頂いたお礼ですし…。」


―いや、もっと貴重なものを頂きましたから。ほら、これ。

かなえにカメラを差し出す。

まさに撮れたてホヤホヤの盗撮動画。


カメラに映し出された己の痴態を確認した途端

かなえは、もとより大きく、そしてパッチリした両眼さらに見開いた。

みるみる青ざめるかなえ。


「な!なんなんですか、これは!」

俺はかなえの問いかけに応じず

無言のまま、ただニヤニヤと陰湿な笑みを浮かべた。

っくっくっく。さあ、ハメてやる。ハメてやるぞ!

体の奥底から、陰湿な快感が沸き上がる。



続き⇒脅迫された美人妻はいつしか快楽と金に溺れ、醜男3人の中出しを受け入れ堕ちていった【後編】


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
18禁
当ブログはアダルト要素を含みます。 18歳未満方は閲覧禁止。ご退出ください

18歳以上なら
エログちゃんねる


このエントリーをはてなブックマークに追加

はてなブックマーク

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
【三次太ももエロ画像】ひざまくらしたくなるスベスベムッチリ生足 140枚 2017/12/12
【街撮りタイトスカート尻】思わずチンポ押しつけたくなるヒップライン 画像45枚 2017/12/12
濡れたおまんこを指で優しく刺激して快感を…手マン画像100枚 2017/12/12
女体だらけの桃源郷!銭湯や旅館内風呂の女湯盗撮エロ画像 50枚 2017/12/11
小さな女の子にチンポを舐めさせるロリのフェラチオGIF画像 20枚 2017/12/10
カテゴリ

openclose

タグ

ランダム記事