女臭どう画像

使用済み下着や染みパン、足の臭いなど女の体臭・匂いフェチや盗撮モノなどマニアなエロ画像/ロリコン・下着泥棒・露出狂などアブノーマルな18禁妄想エロ話が満載なアダルトブログ

女臭どう画像 TOP  >  妄想エロ体験談  >  覗き・盗撮 >  向かいのマンションのOLを窓から覗き見し、番号を調べてテレフォンセックスとオナニー指示
Powered By 画RSS

オマンコのヤル気が伝わってくる!



棚の下パンチラ盗撮エロ画像 の続きを見る



まんこ周辺にマン汁でシミつけてる染みパンツ画像 の続きを見る

【衝撃】芸能人の入浴シーンwwww 尻フェチ歓喜ブログ 逆さ撮りしたらマン毛や染みが


当ブログ内の広告について
DMMDUGA1919gogo.comなど優良サイトのみを掲載しております。
ワンクリック詐欺広告、高額請求の広告は掲載しておりません
安心してご利用・お楽しみください

向かいのマンションのOLを窓から覗き見し、番号を調べてテレフォンセックスとオナニー指示

 [ 2016年12月04日 14:00 ] カテゴリ:覗き・盗撮 |

民家 覗き




家に持ち帰った仕事を終え、タバコをくわえる。

ベランダに出て、ぼんやりしながらタバコを吸う。

考え事もせず、ただただのんやりと向かいのマンションを眺める。

ちょうど真正面の部屋の明かりがつくと同時に

会社から帰宅したばかりであろう、OLの姿が見えた。


豆粒ほどのOLの姿だが、行動はなんとなく分かる。

OLはカーペットの上に直に座り、ペットボトルの飲み物を飲んでいる。

その様子をぼんやりと眺める。

彼女がスーツの上着を脱いだ時、いよいよマジマジと眺めた。

濃いグレーのスカートに手をかけたのが分かると、好奇心をつつかれる。


本棚に置きっぱなしの、最後に使ったのがいつだったか思い出せない

ホコリを被った双眼鏡を引っ張りだし、再度OLの部屋を覗き込む。

豆粒ほどだったOLの姿は、少しばかり大きくなったが、顔や体はハッキリとは見えない。

だがスカートを脱ぎ終え、下は黒と白の横縞のパンツ。

そして上着のシャツを脱ごうとしているのが見えた。

シャツを脱ぎ終えると、ブラジャーもパンツと同じ柄のものだと確認できる。


下着姿でしばらくウロウロしたOLは

やがて肉眼でも双眼鏡でも視認できない、窓より奥の方へ移動してしまった。

寒空の下で体が冷えたので、こちらも部屋に戻った。


翌日、仕事帰りに新しい高性能の望遠鏡を買った。

昨日、ベランダに出たのが22:時前。

今日もあのOLは22時頃、帰宅するのだろうか。

20時半ごろからコートを着込み、望遠鏡を持ってベランダに出た。


1時間ほど経った21時半ごろ、OLの部屋の明かりがついた。

昨日と同じ、濃いグレーのスーツを着たOLの姿が見えた。

早めにベランダに待機していて良かった。

そして望遠鏡を買ってよかった。

昨日よりハッキリと、OLの顔や姿が見えるのだ。

少し地味な顔立ちだが、容姿は悪くない。

年齢は20代後半ぐらいだろうか。

腰は程よくくびれ、タイトスカートの腰つきが実に女性的なシルエットを作る。

OLがそのタイトスカートをはらりと脱ぐと

前側に黒の小さなリボンのついた、白色のパンツが見えた。


次にOLは上着の白いシャツを脱ぎ始めた。

これまたパンツとおそろいの、フロントに黒いリボンの付いたブラジャーが見えた。

ブラジャーからみるに、Cカップぐらいだろうか。

全身下着姿のOLを覗けたのは、ものの1分程度だった。

OLはすぐに黄色のTシャツをまとった。


下は何も履かず、パンツのまま。

そんなラフな格好で胡坐座りし、テレビを見始めた。

その様子を開きもせず、じっと覗き込む。

20分ぐらい経った頃、OLはテレビに飽きたのか

雑誌も手に取り、寝転んだ。

尻が窓側、つまり、こちら側をむいている。


横向けの体制で寝転んだOLの尻は実に肉感的であった。

尻にピントを合わせ、白のパンツと、そこに浮かぶ割れ目を眺めて楽しむ。

白のパンツがガサゴソと動いた。

何事かと思い、望遠鏡のピントを少し引いてOLを観察する。

OLの右手が下着の中に入っている。


1分、2分、3分と時間が経っていっても

OLの右手は下着に入ったままだった。

明らかにオナニーをしている。


もう少しピントを引いて覗き込む。

雑誌を見ながらオナニーをしているようだ。

肩で息をしている。これは相当、感じている。


パンツの動きや膨らみ方を眺めていると

どうやらこのOLはクリトリスをメインに弄り

時折、クリトリスから割れ目に沿って指でなぞる様にオナニーしている。

そんな風に観察していると、OLが仰向けになった。


窓側に向かって股間を開き、左手で左胸をギュッと揉みながら自慰に耽っている。

開脚された股間をズームアップして覗き込む。

白いパンツは愛液で濡れ、染みができている。

そして、その染みがグルグルと回転し始めた。


OLの右手がパンツの中で、円を描くようにヴァギナを撫で回している。

おまんこを見たい。

どんな風にオナニーしているか、指の動きを見たい。

パンツを脱ぎ、下半身を露出させることを期待しながら覗く。


感じている顔が見たい。

イった時のアヘ顔が見たい。

顔を窓側に向けることを期待しながら覗く。


だが、いずれの期待も叶わぬまま

OLは下着に手を入れたまま果ててしまった。


下着に手を入れたまま、動かないOL。

Tシャツからはみ出た、細身の腹が深呼吸で大きく膨らんだり、へこんだりしている。

1分弱、その状態が続いたあと、OLはゆっくりと上体を起こした。


顔は紅潮し、うっすら汗ばみ、髪はセックスの後のように乱れている。

地味な顔立ちが余計にエロティックな雰囲気を醸し出す。

心ここにあらず、といった感じでしばらくボーッとした後

OLは立ち上がり、部屋の奥へと消えていった。部屋の明かりは消えた。

このOLに対する興味と執着心が湧いてきた。


OLの住んでいるマンションの全体を視界に入れ

彼女の部屋の窓が何階の何号室にあるか確認する。

階数は5階。

OLの部屋の窓は建物の右から数えて4番目にあるから

おそらく504号室だ。


そんな事を考えたり、OLのオナニーを思い出したりしていると

彼女の部屋がパッと明るくなった。

慌てて望遠鏡を覗き込む。


大きすぎず、小さすぎず、そして形の整ったバスト。

あまり手入れのされていない、生い茂った陰毛。

肩ほどまで伸びたストレートな髪は濡れそぼっている。

首にはバスタオルを巻いている。

OLの部屋の灯りが、入浴後の綺麗な体を照らす。


OLの顔を覗く。

すっぴんになった彼女は、メイク顔より幼く見える。

OLと目が合った。

裸のまま、窓に近づいてくる。


私はドキドキした。

部屋を覗いているのがバレたのか、というドキドキではない。

もう幾年も忘れていた感覚。

恋心のような、そんなドキドキだった。

OLがカーテンを閉めた。

きっと、閉め忘れに気づいたのだろう。


日が明けた今日は土曜日。

少し遅めの起床の休日。

カーテンを開けてみる。

OLの部屋のカーテンは閉まったままだ。

定期的に観察しているが、昼を過ぎてもカーテンが開かない。

私はOL住むマンションへ向かった。


マンションの入り口には郵便ポストがあった。

OLの住んでいるであろう504号室のポストを見る

鍵がかかっていないので開けてみた。

ピザ屋のチラシと、携帯電話の請求書。

―古川 明奈

OLの名前らしき宛名の請求書を手にし、自宅へ戻った。


家に着いてすぐにOLの部屋を見ると、カーテンが開いていた。

望遠鏡を覗き込むと、部屋着姿の、いかにも寝起きという感じのOLが

まだ眠そうな目でスマホをいじっている。

テーブルに置いたOL宛の携帯請求書を手に取る。

ここに書いてある番号に発信したら、彼女がいじっているスマホに繋がるだろうか。


気分が高揚してくる。

興奮した勢いで、OLの携帯請求書を開封してしまった。

― フルカワ メイナ

請求書にはカタカナで名前が記載してある。

明奈は「アキナ」ではなく、「メイナ」と読むらしい。

「メイナ…。」と心の中でつぶやく。

明奈はカーペットの上で、ゴロンと横になった。

昨日と同じ、窓に向けて尻を向け、横向けに寝転がっている。

スウェットのようなズボン越しに、OLのヒップラインが浮かぶ。

魅入られたように尻を眺めていると、いよいよ勃起してくる。


望遠鏡を片手にペニスを擦る。

OLの名前、読み方まで知りえた喜びから、痺れるような快感が体中を伝う。


OLの声が聞きたい。

OLの声を聞きながらオナニーしたい。

その一心で、OLの携帯番号を入力し、発信ボタンを押した。


「もしもし?」

OLが上体を少し、電話に出た。

―め、明奈…?

興奮と快感で声が震える。

「え?誰?」

どうやら、人違いではなさそうだ。

彼女はやはり、古川明奈であった。

ついに声が聞けた。私の吐息が荒くなる。それがOLにも伝わってしまった。


「え?え?誰?何してるの?」

―ごめん…。

それしか言葉が出ず、ひたすらペニスを擦る。

「コージ?またシコってるの?」

OLはそう言いながら、プッと笑った。

―うん、コージ。ごめん、我慢できなくて…。

コージのフリをして、ペニスを擦り続ける。

「真昼間から盛ってるなー。コージ、相変わらずだね。」

望遠鏡越しに、OLの嬉しそうな表情が見える。


―め、明奈…。

それしか言葉が出ない。

「何?どうしたの?」

―オナニーを聞いててほしい。

「聞いてるだけでいいの?でもそれじゃあ、あたしは退屈だなー。」

OLの言葉の意図が分からず、無言でペニスを擦っていると

OLの方から提案してくれた。


「口でしてあげようか?」

吐息まじりに、うん…と返事をすると、受話器からフェラ音が聞こえてきた。

望遠鏡を覗き込むと、OLが自分の指をしゃぶっている。

電話から聞こえる、チュパチュパという音。

OLがしゃぶっている指を、自分のペニスに見立てると

OLにフェラチオされてる錯覚に陥る。


―気持ちいい…。

「気持ちいい?口の中で出してもいいよ」

男が喜びそうなセリフを口にするOL。やけに手慣れている。

コージとかいう男とは、テレフォンセックスをする間柄なのだろうか。


チュパチュパという、しゃぶるような音が

ズボボッといいう、吸い込むような音に変わった。

望遠鏡の向こうでは、OLが指を奥までくわえこんでいる。

バキュームフェラされているような快感に打ちひしがれる。


OLは目をつむり、本当にフェラに集中しているように見える。

―明奈も一緒にしようよ。

「あたしはいいよ。寝起きだし昼間だし、そんな気分じゃないよ」

「それに昨日の夜、したし。」

知っているよ、と喉まで出かかった言葉を慌てて飲み込んだ。


―じゃあ俺も明奈のを舐めたい。

「いいよ。舐めて」

無意識にOLの股が少しだけ開いた。

ズルズル、とすするような音を聞かせると

電話からは「んっ」という声をOLは漏らし

望遠鏡の向こうでは、腰をビクッと反応させていた。


堪えるような表情で指を咥えるOL。

―明奈はクリ責められるのが好きだよね?集中的に舐めてあげる。

そう言って、舐めるような音の電話に向けて発すると

OLはギュッと目を瞑った。

「ねえ…。やっぱりあたしもしていい?」

OLはこちらの返事を聞かず、部屋着のズボンを膝下までずり下げた。


昨晩のオナニーと同じ体勢になるOL。

豊かな尻を、地味な顔立ちには似合わない派手はピンクのパンティが包む。

OLが下着の中に手を見計らい、

クリトリスに指が届いたであろうタイミングで、ズルズルと音を立ててやると

OLは小刻みに喘ぎだし、下着の中に入れた右手の動きを激しくした。


―今度はクリトリスを吸ってあげるよ。

「うん…。いっぱい吸って…。」

電話からOLの乱れた吐息が漏れてくる。

その電話に向かって、激しくすする音をたてると

OLの上体が激しくのけぞった。


―クリ、気持ちいいの?

「ああ…気持ちいいっ!」

―ズズズズゾゾゾゾッ…

「あっ!いやっ!んんんっ!」

―んっ?ここが気持ちいいの?

「気持ちいい…あっ!」

こちらのペニスからの快感も増してきた。


―ねえ、入れたい。

「うん…。おちんちん欲しい…。」

―じゃあパンツ脱がすよ…。

「うん…。」

OLがピンクのパンティを膝下までずり下げた。

「入れて・・・。」

―それじゃあちゃんと入れられないよ。全部脱いで。

こちらの的確な指示になんら疑問も持たず

OLはスムーズにズボンとパンツを脱いだ。


―まだ触っちゃダメだよ。

―ゆっくり足を開いて。

こちらの指示通りに動くOL。

膝を立てて、ゆっくりと股間を開く。

なんとも幸いなことに、こちらの窓側に向かって股を広げてゆく。

正常位でするのに、ちょうどいい開き具合になった。

濃いマン毛の下には愛液で黒光りした卑猥な陰部。

すっかり膣口は開き、受け入れ態勢の準備は整っている。


―じゃあ、ゆっくりちんちんの先を明奈のおまんこに当てるね。

そういうと、OLがヴァギナに右手を伸ばし始めた。

中指が割れ目に当たるタイミングに合わせて

―ほら、ちんちんがおまんこに当たった!

OLは中指の腹を割れ目に沿って押し当て、吐息を漏らした。

そして懇願する。

「ねえ、早くちょうだい…。」

―うん。ゆっくり入れていくよ?ほらほら!

こちらの声に合わせて、OLはゆっくりと中指をヴァギナに挿入していく。

―明奈のおまんこ、きついね。チンコがおまんこの中でパンパンになってるよ。

―ほら、おまんこの中でチンコがまた膨れてきた。

そう言うと、OLは中指に続き、人差し指までヴァギナに差し入れる。


―ほら、おまんこの中でパンパンになってるでしょ?

「うん・・・。ギュウギュウ…。」

―このまま奥まで入れるよ?

「奥までちょうだい…。あっ、あっ…。」

―ほら、ちんちん全部入ったよ…。

OLのヴァギナは人差し指と中指の根元まで咥え込んでいた。


―じゃあ腰動かすよ。

そこからはお互いにペニスを弄り、ヴァギナを弄る。

お互いの口から激しく乱れた吐息が漏れ、時折、喘ぎ声を漏らす。

本当にOLと、古川明奈とセックスをしているようだ…。


だが、このままテレフォンセックスを続けてフィニッシュするより

もっともっとOLを指示通りに操りたい。

そんな思いが心に大きく占拠している。


―ねえ、明奈。もっと気持ちよくなりたい?

「うん…なりたい…。」

―じゃあさ、窓に俺がいると思ってよ。

「えっ?どういうこと?」

―窓から俺が、明奈のオナニーを眺めていると思って。

OLが首だけ起こし上げ、窓を見つめた。

望遠鏡越しにOLと目が合う。

「いやあ。」

そう言いながらOLは恥ずかしそうに、両手で顔を覆った。


―絶対気持ちいいから。電話はスピーカーモードにして。

「うん…。」

―そうしたら、窓に向かって足を開いて。

先ほどの挿入受け入れ態勢より、大きく股を開くOL。

―すごい。明奈のおまんこ丸見えだよ。

「恥ずかしい…。」

―もっとよく見せて。手で両足を抱えてごらん。

「えっ、う…うん…。」

躊躇いながらも素直に従うOL。

―そうしたら、両手でおまんこ広げてごらん。

腕で太ももを抱えながら、両手を股間に伸ばすOL。

ゆっくりとヴァギナを両手で広げる。


―おお、明奈のおまんこの奥まで丸見えだよ。ビショビショに濡れてるね。

「…すごい。ホントに見られてるみたい…。」

本当に見ているんだよ。

―明奈、暑いでしょ?上着脱いだら?

「うん、暑い。脱ぐ…。」

OLが上着を脱ぐと、パンツとお揃いのピンクのブラが見てた。

―ブラも脱いじゃいな。

指示通りブラを外すと、OLは一糸纏わぬ姿になった。


―裸になっちゃったね。

「恥ずかしい…。」

OLの胸をズームアップする。

いつ見ても、形の整ったキレイなおっぱいだ。

―そのまま窓の方を向きながら、自分でおっぱい揉んでごらん。

女の小さな手から、ほんの少しハミ出る程度の

ちょうど良い大きさのバストを自分で揉みしだくOL。

―明奈のおっぱい、ホントにおいしそうだな、舐めちゃおうかな。

ジュルジュルと音を立てると、OLは軽く喘ぎながら、強く胸を揉み始めた。

―乳首も舐めちゃおう。

チュパチュパと乳首に吸い付くような音を立てると

今度は乳首をこねくり始めた。


OLの顔は赤らみ始め、蕩け始めてる。

―明奈。すっごいだらしない顔してるよ?

「いやあ…。」

「ね…ねえ?」

―ん?

「…アソコいじりたい・・・。」

―じゃあ窓を見ながらお願いしなきゃ。

おなかを空かせた仔猫のような表情で、OLが懇願する。

「・・・アソコをいじらせてください」

―明奈のはしたないオナニー姿を見てください、でしょ?

「明奈のはしたないオナニー見てください…。」

―まだダメ。まず俺のチンポしゃぶって。ほら。

焦らされたOLは股間に伸ばしていた手を、しぶしぶ口に持っていき

オナニーをしたそうな苦悶の表情を浮かべながら、指をしゃぶった。


―おっぱいなら揉んでいいよ。

OLは擬似フェラ音を奏でながら、オナニーできない不満を発散させるように

痕が残りそうなほど、胸を揉みしだいた。

―今度は左手でおまんこ広げてごらん?

―クリいじったり、指入れたりしたら電話切っちゃうからね?

OLは慎重に左手の人差し指を陰唇にあてがい

つづけてゆっくりと、中指を反対の陰唇にあてがった。

ゆっくりとヴァギナが開いていく。

―ふふ、明奈、すごいよ。

―チンポしゃぶりながら、おまんこ広げてる姿を見られてるんだよ?

OLは苦悶の表情を浮かべながら、激しく音をたてて指をくわえ込む。

端から見ると、とても滑稽な姿だ。


―よし。やめていいよ。

「ホント?いじっていい?」

―まだダメ。四つんばいになって。

今にも泣き出しそうな顔をしながらも、素直に四つんばいになるOL。

―そうそう。いい子だね。

―そのまま胸を床に押し付けて、お尻は高く上げて。

OLが尻を高く突き上げた。


なんとも卑猥なポーズを生唾を飲んで凝視する。

高く突き上げられた尻をズームアップする。

女性的な丸みを帯びた、生尻が眼前にある。

「この格好、恥ずかしい…。」

―恥ずかしいね。でも気持ちいいでしょ?

「…うん。なんか、むずがゆいっていうか…。不思議な感覚…。」

―もっと気持ちよくしてあげるから、少しだけ足広げて。

「ああ・・・。」と艶かしい、深い溜息をつくOL。

そして言われるがままに、高く突き上げた尻と股間を開いていく。

ヴァギナから溢れた愛液は、濃い陰毛まで濡らしていた。


―じゃあ両手をお尻に当てて。

―そうそう。そのまま両手でお尻の肉を開いて。

「いやっ!それはいやっ!恥ずかしい。」

―言われた通りにしないと電話切っちゃうよ?

しばらく黙って眺めていると、OLの両手に力が入り

ゆっくりと尻肉は開き、アナルが見えた。


―明奈のお尻の穴、丸見え!

「いや!ホント恥ずかしいっ!」

―お尻の穴、見せてことないの?

「…ないよ・・・。」

―明奈の肛門見てるよ。

OLのケツの穴がキュッとなった。

―明奈のケツの穴に息吹きかけてみよう。フッ!

「いやあ!」と大きな声を出し、OLは少し前のめりになった。

―おまんこ舐めちゃおう。

ジュルジュルと音を立てると、OLの右手がヴァギナに伸びてゆく。


―誰が触っていいって言った?

OLは右手の動きを止め、腰を上下にガクガクと激しく振り始めた、

「ねえ、コージ…。もう本当に限界…。」

―分かった。明奈のイキ顔見たいから、窓の方に顔と股を向けて。


窓に向けて股間を開き、だらしない顔で窓を見つめるOL。

―ほら、お願いは?

「…明奈の…はしたないオナニー見てください・・・。」

―うん。見ててあげる。

オナニーを許可すると、OLの右手は凄まじい勢いでヴァギナに伸びた。

そして溜まっていた欲求不満を爆発させた。


その様子を具体的に報告してやる。

―いつも人差し指と中指でクリいじるんだ。

―へー。円を描くようにこねくり回してるね。

体をのけぞらせながら喘ぎ

腰を窓の方に突き出し、見せつけるように自慰に耽るOL。


―気分が乗ってくると、おっぱい揉むんだ。

―人差し指でクリいじりながら、中指を中に入れるんだね。

「コージ、すごい…。ホントに見られてるみたい…。」

―うん。全部見てるよ。

―明奈のオナニー姿も。ビチョビチョになったオマンコも。

「こんな気持ちいいオナニー始めて…。もうイっちゃいそう…。」

―俺の顔を眺めて。

OLが窓を見上げる。

目はトローンとし、半開きの口からは荒い吐息が漏れている。

そんなだらしない顔をしながらも、OLは2本の指をヴァギナに入れ

激しく中をかき混ぜ続けている。


「ダメ!もうイクっ!」

―見ててあげるから、腰突き出してごらん。

腰を仰け反らせながら、ズブズブと二本の指を激しく出し入れする。

―明奈がイクとこ、見てるよ。

「見ててっ!」

OLが腹で呼吸をし始めた。

―何を見ててほしいの?

「め…明奈がっ!オナニーでイクとこっ!ああっ!あああああっ…」

OLは絶叫しながら、絶頂に達した。


指をヴァギナに入れたまま、仰け反らせた腰を痙攣させている。

震える腰を支えきれなくなった両足もガクガクと震えている。

OLはグッタリと全身を床に預けた。


激しい深呼吸のような息遣いが電話から漏れてくる。

―気持ちよかった?

―ちゃんとイけた?

色々と声をかけるが、返事がない。

しばらくして、OLはやおら上体を起こした。


寝起きよりも、寝起きみたいな虚ろな顔している。

虚空を見つめながらOLが口を開いた。

「久しぶりにオナニーで、ここまでイけた…。」

改めて問いかけてみる。

―見られながらのオナニー、興奮するでしょ?

「すっごい気持ち良かった!」

OLの返事に力がこもった。

「コージ、すごく上手だった。ホントに見られてるみたいで…。」

照れ笑いが可愛い。

「…あれ?コージはイったの?」

―いや。イってない。

「そうなの!?一人だけゴメーン!」

―またしようよ。次は俺もイかせて。

「うん!またしよう!コージもいっぱい射精して!」


「あっ!午後から友達と遊ぶ約束してたんだ!」

「シャワー浴びてくるね!」

そういい残して、部屋の奥へ消えていくOLを望遠鏡から見送った。


Copyright 女臭どう画像



*続編執筆中



民家盗撮 暴かれた乙女の痴態 4時間
民家盗撮 暴かれた乙女の痴態 4時間 ダウンロード】









相互オナニーしとく?

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
18禁
当ブログはアダルト要素を含みます。 18歳未満方は閲覧禁止。ご退出ください

18歳以上なら
エログちゃんねる


このエントリーをはてなブックマークに追加

はてなブックマーク

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
【逆さ撮りエロ画像】駅で電車待ちしてる間って暇だからイケナイことするやつ多数出現 2017/12/15
温泉へ不倫旅行してハメを外すエロ妻 画像55枚 2017/12/14
露出狂の俺に女子校生が恐怖でたちすくんだからオナニーしながらリクエストした話 2017/12/13
【三次太ももエロ画像】ひざまくらしたくなるスベスベムッチリ生足 140枚 2017/12/12
【街撮りタイトスカート尻】思わずチンポ押しつけたくなるヒップライン 画像45枚 2017/12/12
カテゴリ

openclose

タグ

ランダム記事