女臭どう画像

使用済み下着や染みパン、足の臭いなど女の体臭・匂いフェチや盗撮モノなどマニアなエロ画像/ロリコン・下着泥棒・露出狂などアブノーマルな18禁妄想エロ話が満載なアダルトブログ


女臭どう画像 TOP  >  レイプ・陵辱
オマンコのヤル気が伝わってくる!



棚の下パンチラ盗撮エロ画像 の続きを見る



パンティ履いたままずらしてくぱぁwww の続きを見る

下着盗撮エロ画像 尻フェチ歓喜ブログ 逆さ撮りしたらマン毛や染みが


当ブログ内の広告について
DMMDUGA1919gogo.comなど優良サイトのみを掲載しております。
ワンクリック詐欺広告、高額請求の広告は掲載しておりません
安心してご利用・お楽しみください

可愛い下級生を体育倉庫に呼び出して輪姦した

 [ 2017年05月09日 21:00 ] カテゴリ:レイプ・陵辱 |


高2の四月。

とびっきり可愛い新入生が入学してきた。

A○B、いやA○B以上の、まさにアイドルのような容姿。

一目惚れしないはずがなかった。


その日から俺は、彼女、莉奈に猛アタックを開始する。

だがこんなに可愛い女の子なので、当然彼氏がいる。

それでもめげずに、俺に乗り換えろよ、とアタックし続けた。


最初は困惑気味に、そして丁寧に断っていた莉奈も

最近は俺のあまりのしつこさに冷たくあしらい始めた。

さすがの俺も、これは脈なしだなと思った。


しかし俺は往生際が悪い。しかもタチの悪いタイプ。

どうせ俺の女にならないのなら

一発ヤっておこう、レ○プしてしおう、と決めた。



出張先でハメを外し、路上のいいオンナを車に押し込み中出しレイ●

 [ 2016年12月31日 21:00 ] カテゴリ:レイプ・陵辱 |

街を歩いている女に背後から近づき、車で拉致(さら)ってレ●プする!! 被害者10人



片田舎に出張中のこと。

仕事が終わり、飲みに行こうかと駅前に出るも、ろくな店がない。

見なれぬ景色を楽しむように、土地勘のない場所をあてもなく車を走らす。


街灯があまりない薄暗い夜道。

その上、知らない道をドライブすることに危険を感じ、戻ることにした。

人っ子一人いないが、赤信号で停車する。

すると歩道にはフラフラと歩いている女がいた。

歳は20代後半から30代前半ぐらい。

派手な髪と派手な服。

若干酔っているよう。


信号が青に変わり、女とすれ違う。

出張でオナニーも出来ず、たまっていた俺の愚息が反応する。

俺は静かに女の後をつけた。


何度確認しても、あたりに人の気配がない。

次の赤信号で俺は車外に出た。

社内にあったドライバーを女につきつけ、脅す。

女を引きずるようにして車まで連れ込み、後部座席に押し込んだ。


5分ほど車を走らせると、マンション建設現場があった。

ここなら誰も来ないだろう。

車内のミラーで女を見る。

若干歳は行っているが、なかなかの美人。

おおきく開いた胸元。乳の谷間を見ると、いよいよ我慢できなくなる。


後部座席に移動し、女に近づく。

「大声出すなよ?」というと、女は震えながら頷くだけだった。

聞き分けのいい、いいオンナだ。


優木まおみ似のその女の上着を手荒にまくり、ブラを外す。

白い美乳を貪るようにしゃぶる。

美女の美乳を音を立ててしゃぶっていると、すぐにブチ込みたい衝動に駆られた。


短めのスカートに手を入れ、パンティを脱がす。

マンコに手を入れると、「痛っ!」と女が叫んだ。

全然濡れていないので、痛いのは当たり前だ。

だが、この女の事情など知ったことではない。

俺はカラカラのマンコにムリヤリちんこをねじ込んだ。


痛みで女が声を上げるので、ディープキスをしながらズコズコと腰を振った。

獣の交尾のようなセックスに興奮し

女の髪から漂う甘い香りを嗅いでいると、あっという間に絶頂に達する。

女と舌を絡めながら、生膣に2週間分の精液を吐き出した。


最後の一滴まで射精し終えたあとも、ちんこを膣から抜かず

そのままポケットからスマホをゴソゴソと取り出した。


スマホをムービーにし、涙でアイメイクがグチャグチャになった女の顔を撮影する。

股間にスマホを持っていき、ちんこを抜くと

ドロッとした精液が美女のマンコから滴る様子を撮影した。

そしてチンコを女の口にねじ込み、お掃除フェラをさせる様子も撮影。


ひときしり満足した俺は車のナンバーを見られないよう

灯りのない道まで車を走らせ、ダッチワイフを捨てるように車外に投げ捨てた。




*本記事を含め、エロ話カテゴリーの内容は全てフィクションです。
Copyright 女臭どう画像




街を歩いている女に背後から近づき、車で拉致(さら)ってレ●プする!! 被害者10人画像
街を歩いている女に背後から近づき、車で拉致(さら)ってレ●プする!! 被害者10人 無料サンプル動画】


脅迫された美人妻はいつしか快楽と金に溺れ、醜男3人の中出しを受け入れ堕ちていった【後編】

 [ 2016年11月12日 23:59 ] カテゴリ:レイプ・陵辱 |


前回の話はコチラ
脅迫された美人妻はいつしか快楽と金に溺れ、醜男3人の中出しを受け入れ堕ちていった【前編】




俺「女性の痴態ってステキですね。」

かなえ「ふざけないでよ!どういうつもりなのよ!」


おっとりとして上品なかなえが声を荒げる。


俺「いやあ、お金と女に困っていましてね。」

俺「ちょっとでいいんですよ。お金と、貴女の体が欲しくてね。」


ほんわかとした、かなえのタヌキ顔が怒気をはらみ、キツネ顔に変わっていく。

おお、そういえば、川村ゆきえのキメ顔もそんな感じだな。


かなえ「あなたねえ!これは恐喝よ?警察行くから!」

俺「どうぞ。」

俺「ごらんの通り、ボロ喫茶店で、俺には妻も子もいない。」

俺「警察に捕まろうが、かまわないんですよ。」


別に開き直っているわけではない。

事実なのだ。俺には失うものなど、何一つない。


俺「だいたい、恐喝の証拠なんてないじゃないですか。」

俺「俺の要求を吞まないのなら、この動画をバラまくだけです。」

俺「全国の変態どもが、あなたの放●を見て、猿のようにオナニーするでしょうね」

かなえ「気持ち悪いこと言わないで!」


これ以上聞きたくない、想像したくない、とばかりに

かなえはまた声を荒げた。


かなえ「あのねえ!お金なんてないわよ!」

かなえ「この前のお金だって、子供の習い事の月謝だって言ったでしょ?」

かなえ「他にも住宅ローンだとか、保険の支払いがあるの!」

いいや、違うな。

待ち望んでいた展開だ。


俺「貴女、借金があるだろう?」

かなえ「えっ…?」

怒気で紅潮したかなえの顔が、また青ざめる。


かなえのスマホのブックマークを見た時

サラ金のホームページがブックマークされていたのだ。

200万ほどつまんでいる。

俺「美顔器、高級エステ、装飾品…散財しているからだろ?」


ここまではかなえのスマホから得た情報だ。

ここからカマをかけてみる。


俺「あんた、旦那の金を使い込んだだろう。」

かなえ「な、なんで!」

思ったとおりだ。やっぱりそうか。


俺「どうすんの?旦那にバレたら離婚だよ?」

俺「借金抱えた上に、使い込んだ金の弁済。そんな状態で離婚して、どうやって生きていくの?」

押し黙るかなえ。


俺「奥さんね、俺だって鬼じゃないよ。金のないあんたから、毟り取ろうとは思わない。」

俺「しばらくの期間、その体を好きにさせてもらいだいんだ。」

想像しただけで勃起してくる。


かなえ「嫌よ!」

俺「わかった。じゃあ今、一回だけでいい。」

かなえ「嫌っ!」


なんだこのアマ。

そのルックス、その体。さぞチヤホヤされてきたんだろうな。

今まで、ワガママは全部通ってきた。

不機嫌になれば、周りの男たちはおだててくれる。

男は全部、自分より下。

それが当たり前。そんな風に思っているのだろう。


・・・だとするとマズいな。

金の使い込みが旦那にバレても

改心します、これからまた一からやり直しますなんて言いながら

殊勝な涙でも見せれば、旦那も許してしまいそうだ。

うーん。どうしたものか。


俺「分かった奥さん。じゃあフェラだけしてよ。」

かなえ「なんであなたのモノなんか…」

強情な女だ。なおさら服従させて、ちんぽハメてえ。


俺「いや奥さんね、あれもイヤだこれもイヤだ言ってると」

俺「ホントに俺、ヤケになっちゃうよ?」

どうだ?自分の置かれてる状況を分かれよ、いい加減。


俺「ね、フェラだけでいいから。体は絶対求めないから。」

俺「そうしたら、この動画も削除するから。」

盗撮したカメラをかなえのそばに置く。

俺「あなたの手で、しっかり削除してくれていい。」

ほんの一瞬、間があった。


かなえ「・・・ホントに口だけだからね。」


よっしゃ!

このカメラの動画が消されても、まだ股間のアップと表情を撮ったトイレ盗撮動画がある。

それに―。


「パンチラとか撮れたらいいな」と趣味用に仕掛けたカメラが店内に2つある。

これから俺のチンコをくわえこむ様子をカメラに収めて、新しい脅しネタにしてやる。


俺はフェラシーンが写りやすい位置に移動した。

俺「ちゃんと、おしぼりで拭くから。」

ズボンとトランクスを脱ぎ、下半身を裸にさせる。

視線を外し続けるかなえ。


俺「ほら、ちゃんと拭く所を見てて。」

チラッと俺のペニスを見るかなえ。

カリや亀頭をおしぼりで丁寧に拭いていると、ペニスは怒張していった。


俺「じゃあ、お願い。」

かなえの口元にペニスを差し出す。

しぶしぶ、そしてゆっくりとペニスをくわえこんだ。




徐々に口内の温もりと、かなえの柔らかな舌の感触がペニスに伝う。

そこからは事務的な、そう、風俗嬢のようなフェラが始まった。


フェラは淡々としているが、眉間にシワをよせている、

いいねえ、いいねえ。

好きでもない男のペニスを、不本意にくわえこんでる感じ。

しかもとびっきりの美人だ。

そして、この体。


俺がかなえのたわわなバストに手を伸ばすと

「ちょっと!体は求めないって言ったでしょ!」

体をのけぞらせるかなえ。

どこまでも頑なだ。


おっぱいぐらい揉ませてくれたっていいだろうが。

待てよ?

この淡々としたフェラの動画を脅迫に使っても

「弱みを握られて、無理にさせられた」とか、言い訳しそうだな。この女。

もっとかなえが、積極的に何かしてくれる画が欲しいな。


俺「ごめんごめん。ねえ、じゃあ俺の乳首触ってよ。」

俺「俺、乳首弱いから。早く終わるよ?」

俺は上半身も裸になった。


早く終わると聞いてか、初めてかなえが俺の要求に素直に従った。


チンポをくわえながら、両腕を伸ばし、俺の胸をまさぐり始める。

乳首を探し当てると、指の腹でこねくり回す。

「ああ、奥さん、いい…。気持ちいいよ…。」

吐息と一緒に、そう漏らすと

正反対に、かなえは気持ち悪いのだろう。

眉間のシワがいっそう深くなる。


俺の息が荒くなる。

乳首が突起しているのが自分でも分かる。

指で乳首をこねてるかなえも、俺が感じているのを分かっているのだろう。

ペニスをノド奥までくわえこみ始めた。


乳首を愛撫する手の動きも激しくなる。

美人が俺のチンポくわえてる…。

人さまの妻が、性感を刺激しながら…。


「ねえ、まだなの?」

かなえの舌が亀頭に絡みつきだした。

ああ、まずい。もう出ちまう。

もったいない…。

それに乳首を愛撫しているとはいえ、フェラだけじゃ画的にもう一押し足りない気がする。


ジュポジュポと卑猥な音を立てて、ついには上目遣いまでしてきやがった。

ああ、もう・・・このまま口内にぶちまけてえ。

なんてスケベで可愛くて、色っぽいんだ…。

かなえの少し厚みのある、ポテッとした唇がカリ裏をしごき続ける。


だ、だめだ…。

まだ我慢だ!

「お、奥さん。俺のちんぽ太いからアゴ疲れるでしょ?」

「手コキでいいよ?」


フェラと手コキ。

この2つの性技のコンビネーションなら…。

かなえが俺を気持ちよくさせたくて、能動的にやってる画、に見えないこともないだろう。


プハッと、ペニスを口から吐き出すかなえ。

「余計なこと言わないの。でも、そうさせてもらうわ」

そう言って、かなえは俺のペニスを握った。


ああ、柔らかい手だ。

シュッシュッシュッシュ、とペニスを擦る音が二人きりの静かな店内に響く。


「奥さん、乳首も・・・舐めて…。」


よっぽど早く終わらせたいのだろう。

またも素直に従ったかなえは上目を遣い、舌先で乳首を舐めだした。


ああ、美人妻の乳首舐め手コキ…。

こんな光景はアダルトビデオでしか見た事がない。

それが今、現実に、リアルタイムで…。


「ああ、もう出そうだ…。」

思わずそう漏らすと、かなえのチンポをしごく手が速くなった。

そして遠慮がちに舌先を這わす程度だった乳首に、音を立てて吸い付き始めた。


ああ、奥さん最高だよ…。

快感もさることながら、痴女のような、この絵面。

思惑通りに事が運んだ喜びも重なり、俺は限界を迎える。


「で、出るっ!」

無意識にペニスをかなえの方へ向ける。

「ちょっと!かけないでよ!」

「じゃあ、口の中に…。」

半ば、呆れ顔でかなえがペニスを含む。

―その瞬間。

溜まりに溜まったマグマがかなえの口内で噴出した。


ううっ、美人に口内射精…。美人の口の中に俺の精液が・・・。


万が一にも、俺の精子を飲み込みたくないのか

動かずに黙って俺の止まらない射精を口で受け止め続けるかなえ。

最後の一滴まで出た。


かなえ「これで満足?」

おしぼりにペッと精液を吐き出すかなえ。

かなえ「約束どおり、動画消しなさいよ。」

かなえの目の前で動画を削除した。

俺「これで満足か?」


かなえは無言で俺をにらんだあと、トイレの方へ向かった。

俺はかなえを眼で追う。

かなえが振り返った。

「言っておくけど、うがいするだけだから。またトイレを盗撮したって無駄だから!」


不本意なフェラと乳首舐め手コキの余韻をかき消すように

かなえは力いっぱい、トイレのドアを閉めた。

俺は先ほどのフェラと手コキ動画をチェックする。

おお!よく撮れてるぜ。


トイレから出てくるかなえ。

こちらに一瞥もくれず

「ちゃんと約束は守ってよ?」

それだけ言い残して店から出ようとする。


俺「約束?あんたの借金のことか?」

かなえ「そうに決まってるじゃない!とぼけないでよ!約束は守りなさいよ!」

俺「ああ、約束は守るさ。でも…」

かなえの足が止まった。


俺「『美人妻の秘密のパートタイム』なんてタイトルはどうだ?」

俺はかなえがうがいをしに、トイレに向かう際に

現金入りの封筒を置きながら

小さな声で「気持ちよかったよ、ありがとう。サービス料、ここに置いておくね。」

と、カメラに音声が収まるように呟いたのだ。


最初のフェラから乳首舐め手コキ、口内射精。

そして最後に現金。

この一連の流れは、旦那に内緒で性的サービスで金を稼ぐ、人妻風俗嬢のようだ。


かなえはこの動画の一部始終を見終えると

「あなた一体、なんなのよ…」と力なく、唇を震わせる。

次の瞬間、その反動のように

「どういうつもりなの!?何がしたいのよ!」

絶叫しながら、床にへたり込んだ。



*続きでは
・1000人の前で痴態を晒すかなえ
・人妻が旦那以外のチンポでヨガる
・快楽に抗えず、ついに中出しをせがむかなえ
・金の為に3人の醜い男に体を捧げる女
・かなえへの中出し、その後

上記のような内容になっております。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

寝込んだ泥酔美人OLをレイプ

 [ 2015年08月09日 13:00 ] カテゴリ:レイプ・陵辱 |




風呂上りで熱くなった体を冷ましに

夜風に当たりに散歩に出たときの事。


特にルートなど決めずにフラフラ歩いていると、マンモス団地に迷い込んだ。


複雑に入りくみ、似たような建物だらけで迷っていると

ある棟の入り口で女が寝込んでいた。


病人かな?と思い急いで駆け寄ってみると

どうやら泥酔して寝込んでるようだ。





スケベな体した人妻を尾行し、レイプ

 [ 2015年08月05日 22:00 ] カテゴリ:レイプ・陵辱 |



スケベな体した人妻を尾行し、レイプ



俺は基本的に露出専門。

1年に1回、痴漢するかしないか。

しかし、その女はあまりの極上美人のため、ついにヤってしまった。


その日も露出相手を探し中、30歳ぐらいの極上美人発見。

胸はブリン!ケツはボン!でスタイルもいう事なし。

「この女にちんぽを見せたい」一心で後をつけました。




18禁
当ブログはアダルト要素を含みます。 18歳未満方は閲覧禁止。ご退出ください

18歳以上なら
エログちゃんねる


このエントリーをはてなブックマークに追加

はてなブックマーク

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
部活帰りJKのワキの臭いをオカズにオナニー 2018/07/17
脱衣所・更衣室・ロッカールーム・自室など女が服を脱ぐ場所で盗撮 画像25枚 2018/07/16
マン臭を拡散させそうなM字開脚パンチラ…というよりパンモロ 画像21枚 2018/07/16
蒸れたパンティを脱がさず挿入してマンコに擦りつけるパンズボ画像 23枚 2018/07/16
発情期真っ最中!青姦するJKカップルを隠し撮り 画像32枚 2018/07/15
カテゴリ

openclose

タグ

ランダム記事