女臭どう画像

使用済み下着や染みパン、足の臭いなど女の体臭・匂いフェチや盗撮モノなどマニアなエロ画像/ロリコン・下着泥棒・露出狂などアブノーマルな18禁妄想エロ話が満載なアダルトブログ


女臭どう画像 TOP  >  女の体臭全般
オマンコのヤル気が伝わってくる!



【太ももフェチエロ画像】見よ!このみずみずしい太ももをwww無性にセックスしたくなる女子●生の太もも画像 の続きを見る



デカ過ぎるおっぱいが服の上から隠しきれてないエッチなママさん達wwwwwww の続きを見る

妹のオナニークロッチ 尻フェチ歓喜ブログ 美女のスカート逆さ撮り


当ブログ内の広告について
DMMDUGA1919gogo.comなど優良サイトのみを掲載しております。
ワンクリック詐欺広告、高額請求の広告は掲載しておりません
安心してご利用・お楽しみください

職場の琴音ちゃん(20際)の通勤スニーカーやサンダルの匂いを嗅いでシコった話

 [ 2019年08月26日 22:00 ] カテゴリ:女の体臭全般 |
職場の琴音ちゃん(20際)の通勤スニーカーやサンダルの匂いを嗅いでシコった話1




数年前になりますが、当時勤務していた職場で

琴音という20才の可愛い娘がおり、その娘の臭い靴を嗅いで楽しんでいました。

仕事中に履いているスニーカーの匂いは、甘酸っぱくてとてもいい匂い。

特に夜勤明けの脱ぎたては最高でした。


夜通しで働いてスニーカーの底に凝縮された

20歳の女の足の臭い。匂った瞬間、ちょっといっちゃいました。


そしてなんといっても夏!





このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニトイレの汚物箱は俺にとって宝箱

 [ 2019年05月15日 22:00 ] カテゴリ:女の体臭全般 |

就職活動中のリクルートスーツを着た女子大生の蒸れたストッキング 2-7


コンビニトイレは男女共同の所が多く、簡単に借りられる。

俺は金曜、終電間際のコンビニトイレを利用する。

飲み会やデート帰りの若い女を見つけやすいからだ。


そしてコンビニが混雑する為、店員がトイレの清掃まで手が回らないのも理由の一つ。

その日もコンビニトイレにくりだした。


まずは汚物箱をチェック。

キレイに包まれたナプキンが一つ。

マニアにはお宝かもしれないが、俺は正直飽きてきた(笑)

汚物箱にナプキンが一つだけなのを確認し、一旦トイレに出る。


適当に雑誌を立ち読みする。
30分ぐら経っただろうか。

大人数がこのコンビニ近くの駅で下車し、ひっきりなしに人が流れこむ。

その様子を観察していると、スーツ姿の若い女がトイレに入った!





このエントリーをはてなブックマークに追加

職権濫用し、モデルのような女性社員とギャル系女子の足の臭いでオナニー

 [ 2019年03月15日 23:00 ] カテゴリ:女の体臭全般 |

職権濫用し、モデルのような女性社員とギャル系女子の足の臭いでオナニー



小規模ながら会社を経営している。

社員は全部で7名。男は私1人。

他6名は全員20代の女性社員。いわゆるハーレム状態といった所だ。

その中でも私のお気に入りは、経理を任せている西島樹里。26歳。


彼女はとても仕事ができる上、スラッとしたモデル体型。

私はどちらかというと、肉付きの良い女の方が好みなのだが

樹里は170センチの高身長で、脚は私よりも長い。ルックスもよし。

こんなスタイル、プロポーション抜群の美女とベッドで交わう事を、時々妄想する。


唐突な性癖暴露で恐縮だが、私は女の足の匂いが大好きだ。

美女の裸より、並程度の女の足の匂い。

そちらの方が断然、ペニスの硬度が高くなる。


樹里のストッキング、生脚、少しヒールの高いパンプス。

これらを見るにつけ、彼女の足の臭いを想像し、ペニスを怒張させていた。


私の実務のアシスタントをさせている、28歳の石橋美里という女がいる。

彼女はハッキリ言ってしまうと、並以下のルックスだ。ちょいブス。

そんな美里は、出社して自分のデスクにつく際

通勤時に履いていたエナメルのフラットシューズを脱ぎ、室内用のサンダルに履き替える。

私は仕事中、脱ぎたてのフラットシューズに気を取られる。


ああ、こんなブスでもいいから、美里の靴の匂いを嗅ぎたい…。

仕事の疲れとストレス、そして性欲が溜まってくるころ

全員が退勤し、誰もいなくなったオフィスで美里のサンダルを手に取る。

記憶しているだけで、1年は履かれている女のサンダル。


美里のサンダルを手にしただけで勃起してしまう。

さらに美里のサンダルを鼻にあて、ペニスをしごくと、瞬時に射精感がこみ上げてくる。

「こんなブスの足の匂い、ただのサンダルでイかされてしまうなんて…。」

被虐心をくすぐられ、情けなさと気持ちよさ

そして女の足臭を感じながら、あっという間に果ててしまうのは毎度の事だった。


昨年の春、新築のオフィスビルへ事務所を移転した。

その折、女性社員たちの足の臭いを嗅ぎながらセンズリをこける妙案を思いついた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

プールの更衣室で衣服や下着を漁っていたら、生身のJKの体臭や臭マンを嗅ぎながらオナニーできた

 [ 2019年02月13日 21:00 ] カテゴリ:女の体臭全般 |


女子校生5人のマンコの臭いを同時に嗅いだ事がありますか?

私はあります―。



暑い夏の日。

女子校のプールの更衣室への潜入を試みた。


この街に来て3年が経つ。

引っ越してから間もなくして、近所の女子校の存在を知った。


この学校のプールは校舎のある敷地内や屋上ではなく

校舎を隔てる道路の向かい側にある。


引っ越してきてから2年目の夏。

フェンスでプールの中の様子は伺えないが

若い女の声と、水しぶきの音が聞こえる。


JKの水着姿を思い浮かべながら

他に用事があるでもなく、この道路を歩く。


この夏の時期には女子校のプールの前まで、足しげく通った。

そして、いくつか分かった事がある。


AM11:00~PM12:30まで水泳部の生徒がプールを使う。

そして練習が終わったあと

ズボラな水泳部員は鍵をかけずにプールをあとにする。


その後、練習を終えたテニス部員数名が

鍵のかかっていないプールの門を勝手に開け

この入場料のかからない無料のプールで遊泳するのだ。

そして、プール前の強固な門はいつも開けっ放しだった。


開けっぱなしの門からはコンクリートで建てられた更衣室が見える。

数回ほど辺りに人がいない事を確認し、入り口からプールを覗いてみた。


スクール水着に着替えたテニス部員の姿を拝めることもあったし

水着姿のJKたちは、入り口より奥の方で遊んでいることもあり

姿は見えずに、歓楽の声だけしか聞こえない事もあった。


JKの水着姿を拝見したいのはもちろんだが

JKの姿を確認できるという事は

JK側からも俺の姿が確認できるという事だ。


さすがに学校部外者の私が、プール内に立ち入っていることがバレたらまずい。

なので基本的に若い女の水着姿を楽しむことは諦めている。

それよりも更衣室だ。


あそこには制服やら練習後のテニスウェアやら

果ては脱ぎたて下着まで眠っている宝の山だ。

JKの体臭がたっぷりと染み込んだ下着や衣服。


匂いフェチの俺は何度となく、更衣室への侵入を思案したことか。

しかしその勇気が出ず、お百度を踏んでいる間に夏休みは終わってしまった。


そしてまた夏が来た。

今年こそ更衣室に潜入してやる、と決意した夏休みがきた。

私は更衣室に侵入した後のことをシミュレーションした。


大きな袋を持って、制服からテニスウェアから下着まで根こそぎ取っていくか。

リュックかカバンを持って、数枚の下着と衣服を盗むか。

だが、去年から夏の時期になると私はプール周辺をウロウロしている。

要注意人物になっているのではないか。

もしかしたら向かいの校舎の監視カメラから私が写っているかもしれない。


盗難に気づいたJKが通報したら

瞬く間に私は逮捕されてしまうのではないか。

不安は増すばかりだ。


ダメだ。どうしても盗めない。

しかし私は閃いた。

盗まずに、更衣室内で衣服や下着の匂いを嗅げばいいのではないか。


もし盗んだ場合、逮捕されなかったとしても

それ以降はJKたちも警戒するだろう。

逮捕されても、されなくても

盗んでしまえば、少女たちの匂いにありつけるのは、たった一回だ。


だが、人知れず匂いを嗅ぐだけで済ませれば。

その後、何度もJK達の匂いを満喫できるのではないか。


私は更衣室に侵入し、その場で匂いを楽しむ事に決めた。





―そして決行の日がやってきた。


万が一、JKたちに気がつかれてもごまかせるように

私は清掃用の作業着を着た。

ご丁寧にバケツとモップも用意した。

正午を過ぎた頃に私は女子校のプールに向かった。


練習を終え、制服に着替えた水泳部員たちがプールの門から出てくる。

最後の一人が出てくると、勢いよく門を閉めた。

もちろん鍵はかけていない。

程なくして、数人の制服姿のJKが向かいの校舎から

おしゃべりをしながら、こちらのプールに向かってくる。

一人だけテニスウエアの少女がいた。


上着は校名の入った水色のシャツ。

下は少し短めの、白のスコートだ。

ああ、嗅ぎたい。

テニス部員たちがプール内に入ってゆく。


幸いなことに、プールの門が開けっ放しだったため

JK達が更衣室に入る様子、水着姿で更衣室から出て行く様子が確認できた。

最後の一人が更衣室から出て、10分ぐらい経っただろうか。

水しぶきの音が聞こえる。

私はテニス部員JK達がプールに浸かったのを確認すると

プールの門をくぐり、更衣室のドアを開けた。


ドアの真向かいの壁に鏡があり

そこに写った自分の姿に一瞬ギョッとした。

左右に大きな棚があり、いくつもの仕切りで区切られていた。


右側の棚にJKのカバンやら制服やらが乱雑に投げ込まれている。

仕切られた棚の中で水色の衣服を見つけると

未だ収まらない動悸の中、そのテニスウェアとおぼしき衣服がある棚へ向かった。


更衣室内にはエアコンなど、ない。

その上、打ちっぱなしのコンクリートで建てられた更衣室内は

かなりの熱気がこもっていた。


熱気と湿度に絡まったJKの匂いが更衣室内に立ち込めている。

熱気と臭気にあてられ、少しばかり頭が眩んだ。

だが水色の上着を手に取った瞬間、私は覚醒した。


じっとりとした湿気の感触。

この暑さの中での運動だ。汗をかかないはずが無い。

テニスシャツのワキの部分を鼻にあてがう。


ああ、すっぱい…。

運動してたっぷり汗をかいたJKのワキ…。

青春の汗を多分に含んだ部活着…。

スンスンと鼻を鳴らしながら、汗臭いJKのテニスウェアを嗅いでいると

ペニスはみるみる怒張していった。

当然、我慢できるはずも無く

ズボンのジッパーをおろし、ペニスを取り出して扱く。


テニスウェアを頭から被ってみる。


おっぱいが当たっていたであろう部分が顔を覆う。

ワキよりも臭くない、ほのかな体臭が顔にまとわりつく。

甘い体臭も悪くはないが、刺激が少しばかり足りない。

いったん頭からテニスウェアを脱ぎ、改めて手に取る。


襟元を見ると若干、黒ずんでいた。

静かに鼻に押し当ててみる。


汗臭さとも、体臭とも違う、「皮脂の汚れ」の臭いだ。

代謝の激しいメスのカラダならではの臭い。


私は更なる刺激が欲しくなり、下半身の臭いを求めた。

スカート、テニス部的に言えば「スコート」を手に取ると

その下にグレーのスパッツがあった。

これはアンダースパッツではないか?


スコートの中に履く、見せパン的なもの

いわゆる「アンスコ」という代物だ。

少々色気はないが、下半身をピッチリと覆うスパッツ。


そんなものを履いて運動したJKの下半身の匂い…。

ムレムレのアンダースパッツの臭い…。

気分を高揚させながら、スパッツを手に取る。


スパッツの股の部分を顔に近づけると

鼻にあてがう前に激臭がつんざく。

とんでもない臭いだ…。

思わず顔を背けてしまったほどの激臭スパッツ。

だがそれに反して私のペニスの硬度は増していた。


クセになる臭い、とでも言うのだろうか。

女子校生の下半身の匂いにまみれたスパッツを嗅ぐのをやめられない。


スパッツでこれだけ臭かったら、パンティはどんな臭いがするのだろう。

パンティを嗅ぎたい…。


だがスパッツを嗅ぐのを止められない。

臀部や太ももから分泌された汗の匂いと

パンティを貫通して染み込んだ若いメスの膣の臭い。

左手からスパッツを離せられない。

JKの股間の臭いが染みたスパッツから、鼻を離せられない。

ペニスを扱く右手も止まらない。


パンティに達することなく

私は部活直後の激臭スパッツで射精に達してしまった。


ドボドボと精液がコンクリートの床に垂れ落ちる。

この精液の量が、快楽の度合いを物語っている。

しかしモップとバケツを持ってきて良かった。

バケツに水を汲み、床の精液を流しながらモップがけをする。

若干、冷静になった私は長居せずに更衣室を後にした。


家に帰っても更衣室の匂い、テニスウェアの匂い

そしてアンダースパッツの臭いの余韻に浸る。

パンティを嗅げなかったのは心残りだが

まだ夏休みは始まったばかりだ。いくらでもチャンスはある。



翌日、また正午過ぎに女子校のプールへ向かった。

水泳部が出て行き、テニス部員が来た。

今日はテニスウェアのJKはいない。

全員、白のセーラー服姿だった。

…制服の匂いを嗅ぎたい。


だが、あまり長居はできないし

今日はどうしてもパンティを嗅ぐと決めていた。

それほど昨日、パンティを嗅ぐことなく射精してしまったことが心残りであったのだ。


1,2,3,4…5人か。

5人全員のパンティを余すことなく嗅いでやる。

運動直後のパンティの匂い。

それもJKの脱ぎたてパンティ。

想像しただけで勃起してくる。


昨日同様、テニス部員が水着に着替えて更衣室から出る。

プールから水しぶきが上がったと同時に

私はプールの門をくぐり、更衣室のドアに手をかけた。



*続きは
・JKの脱ぎたてパンティ5枚を一枚一枚チェックする
・個性豊かな女子校生の汚れたクロッチを嗅ぎながらパンティ中出しオナニー
・美少女JKの汗ばんだ甘い制服、臭い紺ソとローファーの匂いをじっくり味わう
・部活直後のテニス少女の体臭を嗅ぐ

(髪の匂い、汗だくテニスウェア、生ワキ、おっぱい、脱ぎたてブラジャー、パンティ越しの膣、テニスシューズの足臭、激臭生脱がせパンティの臭い)
淫語責め、手コキ描写あり。
・小悪魔JKが処女マンコを嗅がせながら射精管理

以上の内容になっています。
ブロマガご購読頂ければ幸いです。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ママさんバレーの人妻のブルマーを嗅いでオナニーしていたら…。

 [ 2019年01月29日 21:00 ] カテゴリ:女の体臭全般 |


妻が女子バレーボールチームに所属している。

女子バレーボールチームといっても、ただのママさんバレーだが。


子供のいない私たち夫婦の家に

練習を終えて、食事を兼ねた飲み会がしばしば行われる。

ママさんたちは練習後に汗を拭う程度でシャワーを浴びず

私服に着替えるのみで、我が家に直行することが多い。



汗だくのユニフォームなどを含めたバレーボール用具一式は

スポーツバッグに入れられ、空いている洋室に置かれていることが多い。


私はトイレのフリしたり、飲食や話に夢中になっているママさんたちの隙をついて

このスポーツバックが置かれた洋室に忍び込んでいる。


練習後に洗濯もしていないユニフォームを嗅いで自慰に耽る。

なんでも妻が所属しているこのママさんバレーチームは

それなりの伝統があり、昔ながらのやり方を現在でも貫いているため

下のユニフォームはハーパンではなく、ブルマーなのだ。



やはりバレーボール=ブルマーだ。

そしてこの蒸れ蒸れのブルマーを嗅ぎながらの射精が最高に快感なのだ。


いつものように、この洋室に忍び込み

ブルマーを鼻にあてがいながら臭いを嗅ぎ、オナニーをしていた。


「見ちゃった♡」

声のする方へ、ハッと振り返ると、妻のママさんバレーのチームメイト

美沙さんが洋室の入り口に立っていた。


私は固まってしまった。

情けなくも、ペニスも固まったまま。

しまうこともできずに、チャックから突き出た勃起ペニスをチラッと見ながら

美沙さんが近づいてくる。


「ここに来るたびに、スポーツバックの中が荒れてるからおかしいと思いました。」

私がブルマーを嗅ぎながらオナニーしていることは、とっくにバレていたようだ。


「あ、あのう…ホントにすみません!」

私はただ、頭を垂れるしかなかった。


「ふふふっ。いいんですよ。」

「あたしね、○○さんのことが気になっていたんです。」

美沙さんはそう言いながら、スポーツバックの1つを漁り始めた。

そして中から1枚のブルマーを取り出した。


「それじゃなくて、私のブルマー使ってください。」

美沙さんが私の膝へハラリとブルマーを落とした。

「いや…でも…。」

リビングでは妻たちが飲食している。

それに美沙さんの目の前でオナニーなどできるはずもない。


「ほら。早く射精しないと、誰かがこの部屋に来ちゃいますよ?」

美沙さんは自分の未洗濯ブルマーを手に取り、私の顔に被せた。

「ふふふっ♡ すっごい変態っぽいですよ♡」

23歳の美沙さん。幼な妻の下半身の蒸れた匂いが顔に広がる。


「あっ!すごい!おちんちんビンビン♡」

「これ、あたしがシコシコしちゃっていいですかぁ?」


目の前の快楽に抗えるはずもなく、私は頷かざるをえなかった。

「あはは♡奥さんごめんなさーい。あたしのブルマで勃起した旦那さんのちんちん、あたしがシゴいちゃいまーす♡」

慣れた手付きで美沙さんが手コキを始める。

吐息が厚手のブルマーから漏れる。


「旦那さんは臭いのが好きなんですか?」

私はゆっくりと頷いた。

「じゃあシャワー浴びてないから、こっちの方が臭いかも♡」

美沙さんはジャージの上着のチャックをゆっくり下ろし始めた。

白に水色の花柄が刺繍されたブラジャーが覗いた。


「このジャージの中の篭った匂いを嗅いでください♡」

そう言いながら、美沙さんは私の顔を自分の胸に押し付けた。

ブルマー越しでも汗臭い体臭がムワッと嗅覚を刺激する。


「これ被ってたら、満足に匂い嗅げませんよね?」

美沙さんは私の顔からブルマーを取ると、いっそう汗臭い匂いが鼻についた。

それに伴って、さらにいきり立つペニス。

美沙さんはブルマーを私のペニスに被せ、ブルマコキを始めた。

「好きなときに思いきりブルマーに中出ししてください♡」


私は美沙さんの汗臭い上半身の匂いを嗅ぎながら

蒸れた下半身の臭いが染み付いたブルマーの中で果てた。


それから妻の目を盗んでは

練習帰りの汗だくの体の美沙さんと

バレーボールユニフォームとブルマーを着衣のままセックスしたり

保険外交員の美沙さんの外回りの合間を縫って

2日履きのパンストで脚責め・臭い責めをされたり


時間がない時には、汗だくのユニフォーム・ブルマー

そして、その時履いていた下着を手渡され、一人オナニーに耽った。


いい不倫相手をゲットしたと言うより、いい体臭オカズを手に入れた。

ますます性生活が充実しそうだ。



Copyright 女臭どう画像



このエントリーをはてなブックマークに追加
18禁
当ブログはアダルト要素を含みます。 18歳未満方は閲覧禁止。ご退出ください

18歳以上なら
エログちゃんねる


このエントリーをはてなブックマークに追加

はてなブックマーク

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
JKがエレベーターのドアに挟まって動けなくなったので無理矢理セックスした 2019/12/05
フェチにしか分からない汚いワキ画像 48枚 2019/12/04
勃起チンポと男のオナニーを見た素人娘の反応wwwエロGIF画像24枚 2019/12/03
【衝撃】今メッチャ売れてる謎のAVがこちら…その理由が…【エロ画像51枚】 2019/12/03
トイレに隠しカメラ仕掛けたらオナニーする淫乱女がこんなにいっぱい! 画像70枚 2019/12/02
脱衣所の洗濯機の中やカゴに脱ぎ捨てられた使用済みパンティ フェチ画像37枚 2019/12/01
画像大量!100枚以上のエロ記事一覧 Part.2 2019/12/01
【パンモロ画像100枚】パンチラ好きの為のパンティ丸見えフェティッシュ写真 2019/12/01
カテゴリ

openclose

タグ

ランダム記事




アクセスランキング